にょろにょろサボテン実生の成長ぶりは? - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にょろにょろサボテン実生の成長ぶりは?

2011年10月14日 09:57

春からサボテンの種子を色々蒔いていますが今日はその中でも茎節が少しにょろっと伸びてくるそんなサボテンのその後の様子からです。




Echinocereus(Wilcoxia)の発芽の様子です。
これは以前8月12日に投稿した時のものです。 こんなサボテン・・・Wilcoxia全般
 


IMG_1854.jpg

左上・・Echinocereus leucacanthus (Wilcoxia albiflora)
右上・・Echinocereus schmollii (Wilcoxia) (Queretaro, Mex)
左下・・Echinocereus waldesii RH 119 (Rudi Haas)


これが二ヶ月たって今はというと


IMG_2347.jpg
Echinocereus leucacanthus (Wilcoxia albiflora)


IMG_2342.jpg
Echinocereus schmollii (Wilcoxia) (Queretaro, Mex)


IMG_2349.jpg
Echinocereus waldesii RH 119 (Rudi Haas)

Echinocereus schmolliiはシュモウチュウ(珠毛柱)と呼ばれているもので一番発芽が良かったのですがその後の成長もこれが良いようです。
でもこれを見ると成株になるのにはそれでも大分かかりそうな気がします。
楽しみにしているwaldesiiなどは一番小さくて、なんでも出回りが少ないものは弱い種類か?成長が遅いのでしょうね。



次はこれです。
これは蒔いたのは二月のことです。

ヒルデウインテリア・コラデモノニス Hildewinteria colademononis =Cleistocactus winteri

小型で垂れ下がる性質をもつ南米柱サボテン 
暑いときに咲く花で、ボリビア中部が原産地だそうです。・・・・こんなサボテン


IMG_1017_20110605224027.jpg
これは播種から一ヶ月位で発芽したと思います。
発芽からそれでももう、3ヶ月経った姿です。

発芽は時間はかかりましたが良いほうでした。そして夏越しも順調にいきました。

今とっても可愛くなっています。


発芽から6ヶ月経った今の姿です。
IMG_2339.jpg

白い毛で少しもふもふして可愛くなってきました。やっとです。
でも今のこれを可愛いと言うのは私くらいかもしれないですね(笑)






もうひとつは一番成長のいい森林性サボテンのSELENICEREUS validus セレニセレウス・バリダスです。・・・こんなサボテン

これは播種から3ヶ月の9月4日に撮ったもの。
IMG_2084.jpg


上のから40日経って今はどんな風になるかというと?



IMG_2355.jpg
SELENICEREUS validus セレニセレウス・バリダス

この株が一番成長が良いのですが、もしゃもしゃになりそうな気がします。
鉢に何株か植えてありますが、この一株でも良さそうですね。
この成長ぶりを他のサボテンに分けてやってほしい!そんな気もします。



最後にサボテンではありませんが時々見ていただいていた原種系シクラメンのヘデリフォリウムに葉が出始めてきました。
花の盛りは終わろうとしています。
花が萎んで少しするとこんな風に種が出来ます。
くるくるしているところが結実したところですが面白い様子ですね。

今年は沢山出来そうですから、蒔き方を調べて蒔いてみようと思っています。


IMG_2360.jpg
Cyclamen hederifolium シクラメン ヘデリフォリウム

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. queiiti | URL | -

    シクラメン、種が熟すとゼンマイのようにクルクルしたところから、弾き飛ばされるのでしょうか。

  2. sae | URL | -

    e-93queiitiさん、そうなんですか?
    ホウセンカみたいに飛ぶようにくるくるしているのかも?
    昨年は花が咲いても結実しなかったのでわかりません。
    十分注意していますね!(笑)

  3. sae | URL | -

    e-93queiitiさん、調べてみました。
    くるくるした茎が種の入った丸い鞘をくるっと巻いて種が完熟するまで守るようです。
    完熟すると鞘が広がってその時に種子が飛ぶこともあるようです。ここまでにかなりの日数が掛かるようです。

    それからシクラメンの語源はギリシャ語のキクロスからきていて、キクロスは「螺旋」の意味なんだそうです。花後のゼンマイのくるくる巻く花茎に由来しているそうです。「ヤサシイエンゲイ」さんからの引用です。
    queiitiさんのおかげひとつ利口になりました(笑)

  4. nen | URL | -

    おはようございます!

    順調に育ってるようですね(^^♪
    僕も今年はコノフィツムのブルゲリとパキポディウムをいくつか蒔いてみました。
    少しだけ発芽してきてるので楽しみです。

    シクラメン、早いものはもう種子ができてるんですね。
    くるくる包み込んだ茎がかわいいですよね。
    家もコウムを増やしてみたいな~

  5. sae | URL | -

    e-94nenさん、こんばんは。
    サボテンは成長が遅くて、でもそれだから場所をとらなくて良いところもあります(笑)
    私もブルゲリを蒔いてみました。少しずつ成長しているようです。
    nenさんはパキポディウムも蒔かれているんですか!冬場が大変ですが楽しみでしょうね。
    コウムの開花は時期として最後の頃になりますよね。
    種が採れるといいですね。楽しみですね~♪

  6. nen | URL | -

    そうなんですよね~

    パキポは冬の置き場所に困るw
    今は小さいのばっかだからいいんですけどね。

    saeさんもブルゲリやってるんだ~
    今2個ほど小さな玉が出てきてます(^^♪
    もう少し発芽してくれないかな~と毎日眺めています。

    コウムも増やしてあっちこっちに生やしてみたいですw
    目指せ!庭での野生化!w

  7. sae | URL | -

    e-94nenさん、
    ブルゲリは一番最後に発芽しました。
    蒔いてから3週間以上経ってからでしたよ。
    乾かさなければまだ出てくると思います。

    シクラメンの庭での野生化!・・私も目指してみます!^^

    nenさんアイコンを間違ってしまったので直してまたお返ししました。
    失礼しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/631-145ee679
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。