目覚めの季節 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚めの季節

2011年11月07日 15:09

「秋のサボテン・多肉植物ビッグバザール」が東京都 五反田TOCビルで昨日開催されました。
毎年のことながら私はこの時期になるといつもは実生で忘れている多肉購買欲が出てきます。
でも東京まで出かけるのは億劫だし、行っても出来上がった株を買う気にはなかなかならないのは分かっています。
実は私の住んでいる所には珍しい多肉植物やサボテンなど置いてある店などないのです。
なのでほんとうだったら出かけて良い株を見るだけにでも行ったほうがいいのはわかっているんです。
そのくせいくら良い株をこの目で見ても育てている実生苗が一番のお気に入りには変わるはずはないと思っているからこまります。それがどんなにしょぼくてもです(笑)
出不精なのもあるんですが、でも良く言えば流行に流されないのが私かも?と思っています。
まぁ、ものは言い様ですから(笑)


それできょうは昨年秋に蒔いて夏の休眠から少しずつ目覚めてきた多肉達の様子です。




IMG_2504.jpg

IMG_2519.jpg

Pelargonium appendiculatum ペラルゴニウム アペンディクラーツム

出始めの葉は春のヨモギの若葉そっくりです。
この株より育ちの良い株もありますが産毛がびっしりに見えるこの時期が一番可愛いような気がします。
成株を持っていないし実際に見たことがないのでよく分かりませんが大人になっても沢山もふもふしてるといいですね。





IMG_2505_20111106150939.jpg
Daubenya marginata ダウベニア マルギナータ

無事に目覚めてきてくれました。
ダウベニアはマッソニアと良く似た葉をしています。でもこの葉ではまだまだですね。
株元のところどころに小さな球根が見えると思います。
じつは、もうひとつのDaubenya aurea red form ダウベニア オウレア レッド フォームはまだだんまり状態です。掘って覗いてみると球根は見えるんですけどね。もう少しかかりそうです。
これは次はポット上げしたほうがいいと思いますがその時期はいつしたらいいでしょうか?
そのへんがよく分からないです。




IMG_2507_20111106150938.jpg

昨年蒔いて発芽したラケナリアの三種です。
上から  Lachenalia congesta ラケナリア コンゲスタ
左下   Lachenalia hirta ラケナリア ヒルタ
右下   Lachenalia viridiflora ヴィリディフローラ

ヒルタは一本しかまだ出てきません。trichophyllaトリコフィラも少しですが発芽したのに出てきていません。
期待しているものにかぎってそんな風なんですよね
蒔いたものは6種類でそのうち4種類が発芽したのですが今年は3種類になっています。
選んだのはラケナリアの中でも個性の強いものを選んだつもりですがまだこの葉にもその様子はあまり出てきていない気がします。




最後は目覚めではありませんがぺラルゴニウムのトリステが発芽してきました。

IMG_2515_20111106150937.jpg

IMG_2517_20111106150934.jpg
Pelargonium triste ペラルゴニウム トリステ


これも最初に出したアペンディクラーツムに似て産毛がびっしりの可愛い双葉でした。


やっぱり実生は楽しいです。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/638-77d69dd9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。