思い出のバラの香り - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出のバラの香り

2007年11月08日 10:47

アンブリッジ・ローズ (ER)

IMG_2670.jpg



秋のアンブリッジ・ローズは蕾が開き始めてきた時から、もう香りがたちます。
私にとってバラの香りは、小さい頃亡くなった母の思い出と繋がります。
母は草花が好きな人でしたがまたバラも育てていました。
今も有りますがその農園には(バラ園ではありません〇〇農園と言うのです 笑)。よく連れられていったものです。
今でこそ、ガーデニングと言うものが普通に定着していますがその頃にしては、母は珍しい部類の懲りようだったと思います。
ある日このバラは青い色をしたバラが咲くんだよ。と嬉しそうに言った言葉を今でも覚えています。
その記憶にある青いバラは背丈はあまり大きくは無く、花自体もそう大きくなかったように思います。
それとも新苗から咲かせていたのでしょうか?色は青と言うよりも薄いブルー、空色に近い色だったと思います。もう良く覚えていません。
でもその香りだけは、今でもバラ園であれ!と懐かしく思い出だすことがあります。
そんなふうに香りは場面を呼び覚ますことが出来る素晴らしいものだと思います。
母のあのバラを思い出すとブルーローズか~もうそろそろ自分もいいかな~とも思うんですが、ふんぎりがつきません。
思い出だけの方がいいかな~ともまた思うのです。

アンブリッジ・ローズの香りはとても好きです。
あまり、甘すぎず、すっきりした香りです。アンブリッジ・ローズのこの香りをミルラ香というそうです。
下の写真は春から今咲いているものまでの色の移り変わりと花形が解ると思いましてだしました。
これに加えて秋は素晴らしく香り豊かになります。



アンブリッジ・ローズ (ER)
アプリコットピンク/中輪・カップ咲きからロゼット/1990年 David Austin イギリス


春に咲いた一番花です。ふっくらと咲いています。ピンクがいくぶん多目です。
IMG_0495.jpg

これは夏に咲いたものです色も薄く花弁も少ないですがこの時期に咲いてくれるだけでも嬉しいものです。
IMG_1447.jpg


そしてこれは今咲いているものです。しっかり花弁も締まって、アプリコットも綺麗にでてきました。
IMG_2622.jpg


IMG_2653.jpg


IMG_2658.jpg


IMG_2670.jpg

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. YAKUMA | URL | 0p.X0ixo

    こんばんは
    バラは咲く季節によって同じ株でも花が違うのですね。
    初めて知りました。
    香りがわからないのが残念です。

  2. hiougi | URL | -

    アンブリッジ・ローズ

    「アンブリッジ・ローズ」とお母様の思い出、saeさんにとっては心の花ですね。香りがいいというこの花、自分の庭で咲かせてみたいものです。
     向日葵の花を見ると映画「ひまわり」を思い出すというsaeさん、同世代なんでしょうかね。わたしも「ひまわり」の映像がしっかり頭に残っている一人です。よろしかったら8/7を覗いてみてください。同じような思いを書いてあります。

  3. sae | URL | -

    YAKUMAさん こんにちは。
    季節によって様子を変えるバラもまたそれぞれに美しく、自分が手がけたバラならなおさらかもしれません。
    バラの香りは、お伝えできません(笑)
    YAKUMAさんのバラの香りは、どんな香りですか?いい香りでしょうね!

  4. sae | URL | -

    ひまわり

    hiougiさんこんにちは。
    たぶん同世代だと思います(笑)
    女は思い出に生きれますが男は弱いですよね~。
    今の女の人はちょつと違いますかね。
    でも、男女の作りからしていまも昔も変わりないはずなんですけどね~(笑)
    それからアンブリッジ・ローズは、鉢植えでも育てることができて、とても強健なお勧めのバラです。

  5. NAGISA | URL | -

    薔薇の香り

    こんばんは~saeさん^^*
    お邪魔いたしますね~。。。
    saeさんの薔薇の香り・・お母様の香りと繋がっておられて・・
    アンブリッジ・ローズ ERの香り高き薔薇ですね~。
    秋色のアプリコット見事ですね~^^*
    ミルラの香り~お好きなんですね~分かります♪
    わたしもセント・セシリアでミルラ香に出逢いましたが
    大変、爽やかな甘い香りで・・・
    香りと共に~思い出が蘇るってきっと素敵な場面なんでしょうね・・・
    薔薇の香りは ほんとに 美しい香りですね^^*

  6. みんな の プロフィール
    | URL | -

    アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
    http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


    より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

    参加するにはこちらからが便利です
    http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

  7. おやじ | URL | JalddpaA

    こんばんは♪

    アンブリッジ・ローズは素敵なバラですよね。
    香りも良いし、ずっと花を咲かせてくれます。

    我が家のアンブリッジ・ローズも
    春に咲いてから今日まで次々と花を見せてくれる親孝行のバラです。
    花持ちが短いのが残念ですね。

  8. 輝夜姫 | URL | jxT87rSU

    ひまわり!

    私も向日葵を見てソフィア・ローレンのタラコ唇を思い出す年代だよ…(汗)

    アンブリッジ・ローズ、素敵に咲いていますね。
    私も育てていましたが、どうもERとの相性が悪いらしくて3年目にして御臨終です。
    でも、あのアプリコットの色合いが優しくて素敵だよね。
    我が家の薔薇は、生き残った薔薇だけがユラユラと咲き続ける、まさにサバイバルなのね。(笑)

  9. qharada | URL | -

    こんばんは~
    薔薇の香が、お母様の香なんですね。
    うちの母親の香って、どんなんだったかな?

    さて、アンブリッジのほうですけど、ERって、全般的に開き始めは花びらがこんなにつまっているのがわからない感じで、開くとともに中心からどんどん花びらがでてくるんですよねえ。
    それで開くと、すごく豪華な感じになるのが気に入ってます。

    ほんとに綺麗ですね~

  10. sae | URL | -

    皆さん コメント ありがとう!

    NAGISAさん こんばんは!

    バラの香りで思い出す時の母は今の私より若い頃なんですが可笑しい事にそれを思い出す時私は、あの頃の少女になっています(笑)
    母は、若くても今の私以上にバラの事は良く解っていたのではないかと思います。

    セント・セシリアも名前負してない魅力あるバラですね!
    NAGISAさんはもうセント・セシリア、アップしてありましたか?
    若しそうなら、私が見落としています。きっと綺麗でしょうね。
    またお邪魔して拝見しますね~♪




    おやじさん こんばんは~

    やはりおやじさんのところのアンブリッジも孝行娘ですか!
    うちと一緒です。夏も休まず咲かせてしまいましたが、少し遅くなりましたけれどまた元気に咲き始めてきました。
     
    咲いてからは日陰に移すと少しは退色が遅くなるような気がしますが、もし地植えならそうもいきませんね。

    バラもなかなか完璧なものはありませんね。でも、それでもとても気に入っているバラです。



    輝夜姫さん こんばんは。

    ソフィア・ローレンのタラコ唇もそうですがもう一人ブリジット・バルドーの唇も思い出しますね~違いますか~(笑)
    それと、ソフィア・ローレンの腰の張り具合もイタリア女性ですね。でもこの間ソフィア・ローレンの今を見ましたけれど、とてもいい年のとりかで、綺麗でした。

    私が思うに輝夜姫さんにはERでなくて、もっと純粋にバラといえるものでなければ合わないんですよ!

    ユラユラと咲き続ける・・いいですね~昔の武蔵野のお屋敷を想像してしまいますよ~♪



    qharadaさん こんばんは。

    お仕事忙しそうですね~
    今が一番バラが綺麗ですね。
    この間家の近くのバラ園にいったら、グラミス・キャスルが綺麗に咲いていました。このバラは本当にいいバラですね。
    qharadaさんのグラミス・キャスルもいつも素敵なので欲しいな~と思ったんですが、この日は原チャリ(笑)だったので買えませんでした。
    積めません(笑)。
    全然アンブリッジと関係ない話になってしまいました。でも同じERと言う事で・・
    またお邪魔しますね

  11. hiougi | URL | -

    薔薇には刺がある

    「棘に寄せる想いも大切に…、」と大事なことを指摘された感じがします。有り難うございました。

  12. sae | URL | -

    hiougiさん こんにちは。
    ごめんなさいね。
    そんな、大それた事を書いたつもりはなかったんです。
    日々の生活で身についた考え方なのです。
    暇を見つけては、hiougi さんのブログ楽しく拝見しています。こちらこそ有り難うございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/65-02f6e448
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。