Eriospermum lanceifoliumの発芽と色付く静夜 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eriospermum lanceifoliumの発芽と色付く静夜

2012年01月07日 11:15

エリオスペルマムはユリ科の植物です。
原産地は南アフリカで、ジャガイモ状の塊根から白毛の生えた茎葉を出すものがほとんどのようです。

多く出回っているものにはEriospermum dregeiドレゲイとかEriospermum paradoxum 霧氷玉/パラドクサムなど見かけますが今回蒔いた種子はそれではありません。

購入先のアフリカの種子会社にはその時にはエリオスペルマムではこのlanceifoliumと後一つしかリストに無かったのですが、一つは欠品でしたので蒔いたのはこのlanceifoliumだけでした。

Eriospermum lanceifolium・・・こんな植物
これで見ると、Liliaceaeユリ科のEriospermoideae亜科になるようです。



IMG_2805.jpg IMG_2812.jpg
Eriospermum lanceifoliumの種子



綿毛だらけなので種子の本体がみえませんね。
ばらばらでしたが薄茶色の鞘が入っていました。寄せ集めてみましたが興味深く見ています(笑)
右は種子一つを大きく撮ってあるのですが黒い種子ではなかったのです。これは発芽が難しい気がしました。
それにしてもバックの敷いてあるマウスパットの地模様が気持ち悪いですね。なにか黒い色のものが良いと思ってとっさにこれを使ったのですが、これはまずかったようです(笑)


蒔き方ですが、こんな風にしてみました。
これは用土はアロエの土に少しピートモスを加えて、開放式、腰水で殺菌、温度は20~22度くらいを保ちました。



IMG_2944.jpg


IMG_2942.jpg
Eriospermum lanceifolium



播種は12月18日です。10日ほどしてまず一本発芽してきました。そして播種から20日経ってようやく3本目の発芽です。

まぁ葉がどんな感じの物かよく分からないのでなんとも言えませんが、塊根は出来ると思います。
3本の発芽で終わりなのか?ぱらぱらと発芽した感じからするともう少し出てくるかもしれませんがそれもまだなんとも言えません。




つぎはベランダの多肉置き場から可愛くぽちっと色付きはじめたのが目に入りましたので撮ってみました。
頂いた時には一株でしたが一年半でこんなに暴れまくってしまいました(笑)
でも私は多肉のこんな乱れた?姿もけっこう好きです。




2010・6 家に来たときに撮影 
IMG_7033.jpg
Echeveria derenbergii 静夜


それが今では


IMG_2930_20120107105734.jpg
にょきにょき伸びて、しかも頭でっかちときています。

IMG_2935.jpg

綺麗に赤くぽちっと染まって子供はやっぱりとっても可愛いですね。

それでエリオスペルマムはまた成長を追って出してみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Shabomaniac! | URL | -

    エリオスペルマムも、人気があるのに入手は難しい植物ですね。球根も種も、なかなか出回りません。Eriospermum lanceifolium、うちにふるい球根が生き残ってますが、霧氷玉系とは違う、幅広の葉っぱが綺麗です。元気に育つと良いですね^^。

  2. sae | URL | -

    v-170Shabomaniac!さん、
    lanceifoliumをお持ちですか! エリオの中では地味な感じで雑草みたいですよね!(笑)
    でもその葉を見れると思って楽しみに育ててみます。
    エリオは成体はオークションなどでたまに見かけますが種はなかなか手に入りません。
    またどちらかで情報が入りました時にはぜひ教えていただきたいと思います。
    よろしくお願いします^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/654-88b9b3fa
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。