秋蒔きメセン・2011 播種から四ヶ月経って - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋蒔きメセン・2011 播種から四ヶ月経って

2012年01月25日 14:54

メセンの種蒔きをしたのは昨年9月の初旬のことでした。
まだ暑さの厳しい時期でしたが思いきって蒔いてみました。
メセンの成長に良い時期の秋は期間として短いですが発芽を早めにさせれば長くこの時間を使えると思ったからです。
それにメセンは少し高めくらいの気温の方が発芽自体は良いようなのです。ですがこれには発芽したての苗が高温で溶けるというリスクもあります。
私はその前の年の秋蒔きメセンを夏越しで沢山駄目にしました。思ったのは出来るだけ次の年の夏越しに備えてしっかりした苗を作らなくてはだめだなと言うことです。勿論、いくら株を充実させても夏越し対策をしなければ同じかもしれませんが、できるだけしっかりさせておきたいと思いました。
なので女は度胸!9月初旬蒔きをやってみました。


このときに蒔いたのは次の20品種でした。

ーリストー  蒔いたのは全て1PKTです。


Conophytum,                              播種から二ヶ月・・四ヶ月の現在
1412-burgeri RR1265 /10/ Aggeneys (Fujiyamopsis), wonderberg・・・・20・・15
1412.1-burgeri SH 409 Aggeneys, giant hersey kiss・・・・・・・26・・23
1412.3-burgeri Aggeneys, MBB 3337 glass paperweight・・・・・・17・・14
1430.4-maughanii ex Japan, beet red when old, cold helps・・・・・28・・30
1430.411-maughanii 3 k e Pofadder, translucent pink-red balls・・・27・・25
1430.46-maughanii Kouberg, reddish bodies・・・・・23・・22

Fenestraria,
1506-rhopalophylla ssp aurantiaca 'Fireworth' huge orange fl・・・・6・・6

Imitaria,
1526.6-muirii PB1268 Kareevlakte, brownish windowed globes・・・・・0・・0

Mestoklema,
1778.45-macrorrhizum short thick trunk, white flowers・・・・・20以上?・・20以上

Ophthalmophyllum,
1789-australe SB2011 Banke, Platbakkies, pink-grey icey windows・・・・・6・・8
1798-herrei SH639 Breekpoort, TL! greenish grey windows, pink fl.・・・・8・・8
1798.76-latum SB1108 Klipbok, red, green, or ochre・・・・・0・・0
1798.78-aff latum SB1495 Jakkalswater, pale dwarf form・・・・8・・8
1801-maughanii ssp armeniacum N Aughrabies, flat apricots・・・・36・・34
1803-maughanii (Conophytum) gets brilliant red in winter・・・・11・・11
1804-maughanii Witsand, Namibia, red tinged bodies・・・・9・・9

Sphalmanthus Sphalmanthus?と謎の玉メセン
1861.12-tenuiflorus stumpy caudex, super pink-green flowers・・・・42・・36

Titanopsis,
1870.15-calcarea Oorlogshoek, beautifully ochre・・・・4・・4
1871-fulleri /18/ small leaves, many dots, warts tinged red・・・・20・・16
1874.9-primosii ex Storms, very nice, pink-yellow flowers・・・・3・・3


二ヶ月前の記事で「肝心の今の様子なのですが、はっきりいってあまり大きくありません。蒔いたものがそんな感じのものなのでしかたないのですがちょっと変化が目立たないのでつまりません(笑)」と書いていますがまったく今も同じ気持ちです(笑)玉型メセンがほんの少ししか大きくなっていません。こんな感じの成長でいいのでしょうか?
時々液肥をやっていますが、植え替えするのもやっかいで、しかたがないので先日マグアンプをぷちぷちと埋め込んでみました(笑)結果はどうか分かりませんがやっぱりもう少し肥料を入れた土に植え替えた方が早いでしょうか?





Conophytum,
播種から二ヶ月                              四ヶ月の現在
IMG_2637.jpgIMG_3047.jpg

IMG_2655.jpgIMG_3049.jpg
1430.411-maughanii 3 k e Pofadder, translucent pink-red balls



Fenestraria,

IMG_2641.jpgIMG_3064_20120125114500.jpg
IMG_3065.jpg
1506-rhopalophylla ssp aurantiaca 'Fireworth' huge orange fl

これはフェネストラリア・朱鈴玉と言うものでしょうか。大きめなオレンジ色の花を咲かせるはずです。



Imitaria,
1526.6-muirii PB1268 Kareevlakte, brownish windowed globes 

発芽しなかった訳でなく、数日のうちに消えてしまいました




Mestoklema,

IMG_2647.jpgIMG_3053.jpg
1778.45-macrorrhizum short thick trunk, white flowers

すくすくと育っています。見ていて安心していられます。
これは暇をみて植え替えをするつもりでいます。



Ophthalmophyllum,
IMG_2638.jpgIMG_3054_20120125105050.jpg

IMG_2659.jpgIMG_3057.jpg
1798-herrei SH639 Breekpoort, TL! greenish grey windows, pink fl.

実はこれよりはじめのコノフィツムの方が発芽率が悪いのではと予想していました。
でも、蒔いてみると家の環境ではこちらの方が悪かったのです。
上の段の右の現在の状態を見ていただくと分かりますが、あせって液肥やら水遣りを多くするとこんな風にコケが出やすくなります。
また殺菌剤をやっておかないとだめなようですね。


Sphalmanthus Sphalmanthus?


IMG_2660.jpgIMG_3058.jpg
1861.12-tenuiflorus (stumpy caudex, super pink-green flowers) 1861.12-tenuiflorus ?と謎の玉メセン


これは塊根を作ります。花色はピンクらしいのですが、tenuiflorusのようなピンクのお花が咲くのでしょうか。じつはとても楽しみにしているものです。
左に見える一つ違った株の正体はいまだに分かりませんが成長はSphalmanthusよりよっぽどいいですね(笑)

*1月27日 訂正
どうやらこの沢山発芽しているのはSphalmanthus tenuiflorusでなく何か違う玉型メセンが一緒に誤混入されていた可能性が高いようです(発芽数からいっても多すぎるので)
またSphalmanthus tenuiflorusはこのような玉型の発芽苗ではないからです。
左の大きめな苗がもしかしたらSphalmanthus tenuiflorusかもしれません。
いずれにしても大きくなればどちらも正体が分かる時がくると思いますので、今までどおり大事に育てたいと思います。
rokaさんには間違いを気づかせていただきました。有難うございました。




Titanopsis,

IMG_2648.jpgIMG_3059.jpg

IMG_2650.jpgIMG_3060_20120125105134.jpg
1871-fulleri /18/ small leaves, many dots, warts tinged red

撮りかたが違うのではっきり成長が見えませんが、三種とも葉数は増えているようで安心しました。
初めの地際の弱さも今では感じられません。
毎日見ても変化は分からないのですが少しずつ成長しているようです。


今日は真冬の実生メセン苗を見ていただきましたが、数はやはり少し減っています。
この次は暖かくなった頃にまた出してみたいと思います。
玉型メセンがそれまでにどのくらい成長しているか?またどのくらい残っているか?ぜひご覧になって下さい。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. roka79 | URL | -

    玉型メセンの実生経験は乏しいのですが、やっぱり遅いんですかね。
    気になったのはSphalmanthus tenuiflorusです。これって、=Phyllobolus tenuiflorusですよね?私も昨日撮影しましたが、
    同じ9月蒔きで、割と成長しています。もしかしたら、種間違い(業者の)なのかも?
    ちょうど2009年秋蒔きのTitanopsis fulleriが咲きそうなので、私も
    実生ネタ、記事にしてみます。

  2. sae | URL | -

    e-268rokaさん、
    玉型メセン、難しいです。成長も遅いし><

    たぶんPhyllobolus tenuiflorusと同じ物だと思いますが、微妙に葉型がちがったりすることはもしかしたらあるかもしれないので大事に数を減らさないように育てたいと思います。
    皆さんに分けられるようになったらいいのですが、、
    Phyllobolusのピンク花、楽しみなんです^^

  3. queiiti | URL | CHOVQKFM

    私もrokaさんの影響で、メセンの種を買ってしまいました。播くのは9月以降を予定してますので、こちらやrokaさんから、教えを請うっていくつもりです。よろしくご指導のほどを。

  4. sae | URL | -

    タイトルなし

    e-93queiitiさん、こんばんは。
    どんな種を買ったのでしょう?
    塊根や茎の太るものか?あとリトープスなんかもですか?これはとても楽しみです。
    指導ですか!私の失敗を見て研究してください。でも分からないことは一緒にrokaさんにうかがいましょう(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/659-0f0b5356
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。