ツルビニとアリオカルプスの播種から7ヶ月の様子 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツルビニとアリオカルプスの播種から7ヶ月の様子

2012年02月04日 11:21

実はこの種蒔きは私のいつものそそっかしさが爆発しまして、種に覆土して蒔いて始めからもうこれは駄目かもしれないと諦め半分だったものですがそれでも幾つか発芽しました。
けれど夏越しやその後やはりだめにしたものも多く、自分の栽培のお粗末かげんを痛感しています。
今残っているのを大事にするつもりですが、その為にも記録を残しておこうと思います。


昨年のこのサボテンの種蒔きには私はこんな百均の容器を使って蒔きました。
セルトレーにレンジでチンした土をいれて腰水して、殺菌し、蓋をして屋外で様子見します。

IMG_1188_20110617165530.jpg

播種日2011・6・6・・・→2011・6・18・・・→2012・2・4

左側の4トレーがTurbinicarpus 
Turbinicarpus booleanus 15粒→0→2
Turbinicarpus lophophoroides L723 Las Tablas, SLP 15粒→6→1  
Turbinicarpus pseudomacrochele Cardonal, Hgo, squat stem, carrot taproot 15粒→2→0  
Turbinicarpus pseudomacrochele long thin curly yellowish spines 15粒→3→2

右側の3トレーがAriocarpus
ARIOCARPUS agavoides Tula Neogomesia 15粒→8→2  
Ariocarpus fissuratus v lloydii /16/ fat rounded tubercles, pink fl 15粒→4→0
Ariocarpus fissuratus intermedius /16/ with smaller rounded tubercles 15粒→6→3  




左は播種から12日目の様子です。そして右に現在残っているものを付けてみました。


Turbinicarpus booleanus  15粒→0→2
IMG_1210_20110617190920.jpgIMG_3110_20120204105629.jpg
 


Turbinicarpus lophophoroides L723 Las Tablas, SLP  15粒→6→1 
IMG_1211.jpgIMG_3112_20120204105628.jpg



Turbinicarpus pseudomacrochele Cardonal, Hgo, squat stem, carrot taproot  15粒→2→0 
IMG_1214.jpg 


Turbinicarpus pseudomacrochele long thin curly yellowish spines  15粒→3→2
IMG_1215_20110617164823.jpgIMG_3127.jpg





右側の3トレーがAriocarpusです。


ARIOCARPUS agavoides Tula Neogomesia  15粒→8→2  
IMG_1212.jpgIMG_3130.jpg
 


Ariocarpus fissuratus v lloydii /16/ fat rounded tubercles, pink fl  15粒→4→0
IMG_1213.jpg


Ariocarpus fissuratus intermedius /16/ with smaller rounded tubercles  15粒→6→3  
IMG_1216_20110617164848.jpgIMG_3125.jpg



発芽自体はいっぺんにではありません。ぽつぽつといった感じに出てきました。
発芽したても色が色々でしたが今は窓辺に置いてありますが真っ赤に染まっている物があります。日光が強すぎるのでしょうか?
それでも少しずつ特徴が現れて可愛くなってきているように私には見えます。
中でもTurbinicarpus booleanusはなかなか発芽しなくて諦めかけていたところに出てきました。
今2株残っています。
実生はなにが起こるか?まったく分からなくてそこも面白い所です。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. takoyashiki | URL | Qv4zPFBY

    覆土・・・ワザトでないのに・・・水やりしたら覆土になっちゃうこと・・・ままあります。あ゛~
    発芽率ももうだめかしら~から片付けないで秋を迎えて発芽したりして・・・saeさんの記録がいつもとっても参考になりま~す!
    生き残りが順調に育ちますように~私祈ってます~♪

  2. sae | URL | -

    v-274たこさん、
    種蒔きは何時もドラマがあってそこがヤミツキになる所ですね。
    私も北米難物サボテンやオプンチアを蒔いた時にはもう~ぐじゃぐじゃです。
    なかなか発芽しない物はどうしても弄りたくなってしまいますが、ほおって置くのが一番かもしれませんね。たこさんが秋を迎えて発芽したと言ったようにです。
    これもまたどんな風に苗が姿を変えていくのか!それが楽しみなんですが、頑張ってみます!

  3. Shabomaniac! | URL | qFwsiyjI

    ツルビニやアリオの実生苗はわりと丈夫なので、消えてしまった子は去年夏の猛暑にやられちゃったのかな・・・。でもこのサイズまでくれば、あとは順調に育つと思います。
    こちらは、またまた先週の大寒波でやれれています。ハウス内のアロエのかなりの株が葉先半分くらい溶けましたねー。最低温度は-5度くらいだったのですが、長い時間続いたんでしょう。ポリフィラは、高温だと発芽が悪いので、私は晩秋に蒔いています。試したことないですが、いっそ今頃というのもありかも・・・。


  4. sae | URL | -

    v-170Shabomaniac!さん、
    サボテンの種をほんとにその気になって蒔いてから二年になると思いますが、薔薇の様に頭の中で系統が図式で出てきません。
    そんな時にこ種子を頂いて蒔いたのですがやはり‘猫に小判’のことわざの様に私には早すぎて勿体ないことをしてしまいました。
    今残っている物を気をつけるのにも経験が少なくて不安なんですが、大事にしたいと思います。

    ハウス内のアロエは回復に時間がかかりますか?
    これから毎年こんな感じではどの植物でも育てるのが大変ですね。
    ポリフィラは一月半ばに注文してまだ着くのが先になると思います。
    先日Shabomaniac!さんの以前の記事を拝見して、今勉強中です(笑)
    やはり晩秋に蒔くと思いますが、種子が早く着けば分けて蒔いてみても良いようですね。
    今回も教えていただいて有難うございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/661-db7fe103
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。