東雲と魅惑の宵 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東雲と魅惑の宵

2012年03月23日 11:40

家にはエケベリアの東雲とその園芸品種の魅惑の宵があります。
いまどちらも花茎を伸ばしはじめています。
今日は並べて記念撮影してみました。
魅惑の宵は家に来たのが2年ほど前のことでその時には3センチほどの小さな苗でした。
東雲は昨年春に地元の園芸店で購入したものです。まだ植え替えはしたことがありません。



IMG_3489.jpg





左、東雲(しののめ)                         右、魅惑の宵

IMG_3491.jpgIMG_3490.jpg

Echeveria agavoides                         Echeveria agavoides cv. 'Lipstick'
エケベリア アガボイデス 別名:曙、仙鳳   
原産地 メキシコ





以下並べて比較しやすいようにしてみましたが、固体の大きさが違いますからそこは考慮してみてください。
同じく左が東雲、右が魅惑の宵です。



IMG_3496.jpgIMG_3476.jpg

上から見たところですが大きさはともかくとして、葉の厚みと言うかふっくら加減が違うのが直ぐに分かります。




IMG_3484.jpgIMG_3502.jpg

葉ですが東雲はソフトな感じで魅惑の宵はシャープな感じの三角細葉に目がいきます。
葉色は東雲が全体に粉をふいたように白みを帯びて見えます。
葉先に赤色に付くこの感じは魅惑の宵の特徴でしょうか。





IMG_3492.jpgIMG_3495.jpg

面白いことに株の大きさは魅惑の宵の方がかなり大きいのに花茎の太さは東雲がだんぜん太いし蕾も大きいのです。
魅惑の宵は園芸交配されているのに花の大きさまでは改良できなかったようです。
その持ち味はシャープな葉型とこの時期の紅葉にあるのだと分かります。


いかがでしたか?違いが分かっていただけたでしょうか?
もしもですが上手く花が咲いた時にはまた見ていただきたいと思います。


それから東雲 Echeveria agavoidesを基本種として色々な園芸種が作られているようです。
「紅の唇」「魅惑の曙」「魅惑の朝」「魅惑の月」「魅惑の誉」「相生傘'Prolifera'」「相府蓮」などですが、いくつか揃えてまた並べて見てみたい気もします。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/672-a8c7f61d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。