冬越しからの復活は? - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬越しからの復活は?

2012年03月30日 10:39

一週間ほどまえに多肉植物、その後何日かしてサボテンの種を蒔きました。
今年は昨年に比べてサボテンなどはだいぶ早く蒔いたのですがその結果はこれから出てくると思います。


ところでこの冬に駄目になった植物はそれほどなかったのですが、次のものは凍りかたも酷くてもう諦めていました。

IMG_3588.jpg
凍った後はこんなふうになります。

IMG_3593.jpg
Hoya carnosa ホヤ カルノーサ 和名:サクララン


サクラランですが駄目になった蔓と葉を置き場が玄関先なのでそれでも茶色の葉は見苦しいだろうと一度簡単にカットしてありました。それでももう片付けようと思い下ろしはじました。

そうしましたら思いがけず株元に新鮮な緑色の葉を見つけました。まだ生きていたようです。
蔓も切り口の緑色している所がまだそれでも少し残っていました。

この冬は最低温度4.5度が続いた日が3.4日はあったと思います。近年では一番の厳しい冬だったと思います。
このサクラランですが、何年も家にいますがこんなことになったのは初めての事です。
なぜそれでも助かったのか考えてみたのですが、根元がかなりぎっしり葉で覆われていたのと水遣りを止めて断水に近かったのが良かったのかもしれません。

こうして植え替えてみましたがこの後はこの二階のベランダでしばらく養成しようと思います。




もう一つこのサクラランの前に植えてあるのがアロエ達です。
ここはサクラランとは違って雨も直接掛かる場所です。
昨年この箱庭に綾錦を植えてその後自分が育てた実生苗も試しに植えてみました。

屋外地植えで冬を越したアロエが今どんな風になっているかと言いますと・・・




これは植えつけ直後の昨年9月の様子です。
IMG_2138.jpg


そしてこれが冬越し後の今の様子。
IMG_3581.jpg


IMG_3583.jpg
Aloe ferox アロエ フェロックス

アロエ フェロックスは思ったとおりすごい強健種です。
こんな状況を通ってももう成長し始めています。
これはご存知のとおり大きくなるアロエです。もう少し育ててこの次は本格的に裏庭の木立アロエの横に植えるつもりです。
風向きを考えて、木立アロエには風除けになってもらうつもりです。



IMG_3584.jpg
Aloe ammophila アロエ アンモフィラ

一方左上に植えたアロエ アンモフィラは微妙な感じがします。
時期的に成長も少しはしてくれると思いますから、この後の復活に期待します。



初めに種蒔きをしたと言いましたが、その中には幾つかアロエも含まれています。
アロエのどこが好きかなと考えてみたのですが、そのワイルドなところ、つまり飾らない渋いところに惹かれるのかもしれません。
でも正直に言いますが私はアロエを綺麗に作るのがほんとに難しくて下手なのです。
綺麗に越したことはないのでしょうがアロエは難しいですね。
でもアロエはその少し枯れあがったり、葉先が焼けたり、そんな姿も魅力に見える貴重な植物だと思います。


またサボテンと多肉の発芽の様子などは成長過程を見ながら少しずつだしてみたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Shabomaniac! | URL | -

    うむむ、ホヤが屋外で越冬するとは・・・同じ日本でも環境がずいぶん違うものなのですね・・・。アロエ・フェロックスはハウス内でも葉先が枯れましたし、アンモフィラ(ちょうど同じくらいの実生苗)はハウス内でもぜんぶ溶けました。ハウス内といっても無加温なのでマイナス5度以下になるので。
    でも、露地でフェロックスがいけるのなら、ディコトマなんかがもしかして樹のように育っるかも知れませんね。素敵です。

  2. sae | URL | -

    v-170Shabomaniac!さん
    アンモフィラは駄目でしたか。とても残念です。
    家のアンモフィラは今の感じでは弱そうに見えますが、もしもこのまま耐えてくれれば少しずつでも家の環境に順応してくれると期待していますが、来年もまた同じような冬ですとちょっとあぶないでしょうか。

    ディコトマはこの次に機会があれば頼んでみようと思います。
    見るとこれは大株になると木って感じのものになるんですね!・・素晴らしい!(笑)
    でもまず、フェロックスの裏庭植えを試してみます。
    これは夏を越したその頃できるといいなと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/674-cb4417e2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。