実生アロエを急いで植え替え~♪ - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実生アロエを急いで植え替え~♪

2012年06月19日 10:46

春からこちらでかなりの種類のアロエを蒔きました。
発芽してまだ葉が二枚ほどのものがほとんどです。
出来ればアロエの一回目の植え替えは三枚くらいになってからのほうがが安心なのですが今が屋外に置いて生育させるのに丁度いい時期だと思い3日ほど掛けて日中合間をみて植え替えました。

梅雨時期の曇の日は小さなアロエの実生苗には丁度良い日照加減で温度的にも良く雨に当てないことと合間の晴れた時の強い日差に気をつければ夏までに成長も望める時期だと思います。
梅雨が明けてからは日陰に避難させるのが安全のような気がします。



先日から発芽し始めてきているものがありますがその中にはqueiitiさんのミリオンヒット記念に頂いた種子からもあります。
頂いた種子は四種類でしたがそのうちの三種類がアロエでした。


播種日 5月21日
IMG_4416_20120618155200.jpg
Aloe boylei  Aloe eclonis  Aloe cooperi

グラスアロエ系は幼苗は一般的なアロエの苗の葉より細めで長くすーっとした葉をしているようです。


三種類のアロエですがAloe boyleiとAloe eclonis は植え替えました。
右のAloe cooperiは発芽が遅かったのでもう少し待ちます。



IMG_4417.jpg

そしてこれがqueiitiさんの種子からのも含めて今年の春からこちらで蒔いたうちの主にマダカスカル、ソマリア系とグラスアロエ系の植え替え後の様子です。


どの植物でも植え替え直後は日陰で養成して徐々に日に慣らしていくと思いますが、実生幼苗の根の弱いグラスアロエはこの時も難しそうな気がします。
この後は夏越しも待っていますのでこれがどれだけ残るか?それも分からないところです。


また頂いた種子にはアロエ以外にこれもありました。




IMG_4425_20120619103621.jpg
Cussonia paniculata ウコギ科 クッソニア属

南アフリカ原産の塊根植物です。
キャベツの木とも、和名は壷天狗とも呼ばれています。
これはかなり耐寒性もあるようです。家の塊根植物のなかでは育てやすいものになるのではと期待しています。
本葉がまだ展開していないので残念なのですが、葉は天狗の団扇にも似た形をしていてきっとそこも気に入るはずです。

ところで台風が近づいて来ていますので、植物を避難させました。
皆さんのところにもこの後被害が出ないように願っています。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. queiiti | URL | CHOVQKFM

    お送りしたものはこちらでも播きましたが、音沙汰なしです。いかに下手かを痛感させられます。
    今まで、播いたもので発芽しないと思っていたものも、単に私の実生下手に起因したんじゃないかと思っています。

    こな際、いっそのこと買った種はすべてsaeさんにお任せしようかな。

  2. sae | URL | -

    e-93queiitiさん、
    発芽してほんとに良かったです(笑)
    アロエも発芽日数は色々で一ヶ月ほどかかるものもあるようです。
    実生はひとそれぞれ得意分野があるようで、そこが面白い所ですね。

  3. Shabomaniac! | URL | qFwsiyjI

    アロエの実生、ズラリと並びましたね。グラスアロエはなかなか気むずかしいですが、いわゆる多肉アロエにはないしなやかな魅力があります。なので何度かトライするのですが、長く居着いてくれません(涙)。私のとこでは、去年、3粒だけ種が手に入り1本だけ発芽したピランシーを宝物みたいに育てています^^;。

  4. sae | URL | -

    v-170Shabomaniac!さん、こんにちは。
    アロエにしても何にしても知らないものばかりです(笑)
    その中で頂いた種は自分が選んだ物でないのでかえって色々知ることも出来ていいかもと思ったりします。
    ピランシーは育つとまるで木ですね!素晴らしい~ですね。
    またブログの方でアロエも色々紹介してください。楽しみにしています。

  5. roka79 | URL | MsOcG2xE

    Aloe boyleiの成長の速さに驚きです!
    なんでsaeさんこんなに実生が上手いのか、コツを教えてください・・・
    ウチもボイレイ、エクロニスはやってますが、まだまだですよ。

  6. sae | URL | -

    e-268rokaさん、
    一応失敗のものも出来るだけ正直に出したいと思っています。
    チリフローラとかオーストラリアからのものなどたまに発芽してもその後がいつも上手くいかなくて消えていくのを見守るだけという始末です。
    アロエの発芽適温はものによって結構色々で幅があるようですね。
    早く発芽すればそれだけ成長がいいのではないでしょうか。
    それとアロエの栽培のアドバイスを種子購入先の方に頂いています。
    グラスアロエ系は早めにやわらかい空気を多く含んだ土に深めに植え替え、根の張りやすいように考えた方が良い。
    そして多肉と考えるのでは無く草として栽培した方がよさそうだとも。
    同様に葉先の枯れる品種は同様だとそう言われていました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/694-87ae194e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。