春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告です - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告です

2012年08月03日 09:50

今日は前記事でお知らせしました春に蒔いたウチワサボテンのその後の様子からです。
早速見ていただきたいのですが、ちょっとその前に発芽はしたけれどその後駄目になってしまったものを記録として残すつもりで先に出してみます。




IMG_3746.jpg
XTephrocactus alexanderi v geometricus   DJF319 e Loro Huasi, Cat 



IMG_3927.jpg
XOpuntia erinacea v ursina  Yucca Valley, CA, long white hairs   



IMG_4505.jpg
XTEPHROCACTUS subterraneus Puna



IMG_4428.jpg
X(多分ですが)Austrocylindropuntia floccosa Makusani, Peru, like snow drifts
 

こうしてみるとどれも名が通ったものばかりで、とっても惜しいことをしました(笑)
中には自生地を見ると高山性のものがあったり、私には栽培するにはちょっと荷が重すぎたようです。
でも昨年は発芽さえしなかったのを思えば少しは進歩したと言えるかもしれません。
これでいくと来年は本葉や刺の出現くらいは見られるかもしれないと、こんな風にいつも前向きに考えています(笑)



ではこの後は今でも手元で残って私を毎日楽しませてくれている、可愛いオプンチアの実生苗をご覧下さい。
まだ小さいものですが、刺が出てきているものがあります。




左が発芽して間もない頃、右が今の様子です。 *画像は大きくなります。

IMG_3780.jpgIMG_4759.jpg
Opuntia pilifera  FO-144 pink flowers, hairy pads

右に2ポットありますがどちらも同じOpuntia piliferaです。
なぜこんなに感じが違うかと言いますと、左は覆土しないで蒔いて発芽後根を土に入れるのが遅かった物です。
右は左の失敗からもう一度後で蒔いたもので初めから覆土して蒔いてあります。




IMG_3923.jpgIMG_4756_20120801124321.jpg
Opuntia erinacea SB1422 nw Mohave Co, Az, hairlike sp


左の写真の発芽直後三本出ている苗は駄目になっています。根の潜りが良くなかったのですが上のOpuntia piliferaと同じようにいじるのをためらっているうちにこんなびろんびろんな姿になってしまいました。
右の写真は現在の苗ですがこれは2ポット見えますがどちらも二回目に蒔いたもので覆土して蒔きました。





IMG_4612.jpgIMG_4773_20120802102325.jpgIMG_4798.jpg
Opuntia pulchella  RP128 Snake Valley, UT/NV, large club joints


これは発芽後わりと早く手を貸して根を入れてみました。
でもなかなか硬いその殻が取れませんでした。
ある日気がついたときにぽろっと取れていましたが、双葉の先は萎びて今ではこんな不完全な双葉になっています。
今日は中心付近を拡大してみました。ちょっと気持ち悪いですが確かに生きているようです。
これからもこのまま成長してくれるのを楽しみにしている苗です。




IMG_4609_20120715104905.jpgIMG_4808.jpg
Maihueniopsis minuta ´mandragora´

これも左の苗は発芽早々だめになってしまって右がそのあとまた一粒発芽したものです。
それからはあまり過湿にならないように気をつけています。





IMG_4619.jpgIMG_4746.jpg
IMG_4747.jpg
Miqueliopuntia miquelii KP 799


発芽は良い方でした。ただこれも双葉に殻がかんでなかなか取れないでいました。
大きくした写真でそのかみ跡が分かると思います。
少し前から刺が見え始めてきました。





IMG_4795.jpg
Miqueliopuntia miquelii JN 355

これは上の産地違いですが、一粒しか発芽していません。
この品種の殻は完全に外れるまでにとても日にちが掛かります。
これを無理に外そうとすると双葉は殻に着いて毟れて残って不完全な双葉の苗になりますが、それが片方ぐらいなら成長にそれほど影響が無いものもあります。




IMG_4721.jpgIMG_4783.jpg
Marenopuntia marenae
 

前記事で出した次の日の朝気がつけば一晩で3本発芽して今5本になっています。
ほとんどのオプンチアは一晩で一気にその姿をみせますが3本出たのは初めてなのでびっくりしました。






IMG_4766.jpg
Opuntia viridiflora  SB957 /18/ Santa Fe, NM, orange fl., RARE!

元気そうな双葉です。
最近になって一粒発芽しました。





IMG_4763_20120801124320.jpg
Opuntia whipplei SB1813 /18/ La Boca, Col, low clumper

発芽したての写真が見つかりませんでした。
だいぶ刺も出てはっきりしてきました。
ここまで来ると少しほっとしますが、一粒では心許ない感じです。



こうして現在9種類のオプンチアの苗が残っています。
まだ厳しい夏は一ヶ月以上続きますがこれからどれだけ残るか?それも分かりません。
ただこの何週間で思った事は、発芽後溶けやすい種類は風通しの良い場所に置く事がこれが一番で、なにより通風重視でこれが余分な気を使わない方法かも?と思ったりしています。
光加減としては、家ではポリカ波板を張った屋根のあるベランダに置いてあります。何パーセント位の遮光になるかはちょっと分かりませんが、直射日光を遮りながら明るい感じです。
水遣りは夕方以降温度が下がった頃を見計らってしています。
腰水は双葉が見えた頃、早めにはずしています。

以上ですがまた秋の涼しくなった頃出してみますが、このやりかたがどう出るか?自分でもこうして言ってしまった以上気になるところです。どうかこの後上手くいきますように!そんな気持ちです(笑)


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. queiiti | URL | CHOVQKFM

    以前よりいろいろと団扇の実生をしていますが、判ったことといえば、簡単に諦めないで実生床は翌年まで雨ざらしにすることと、覆土をして播くことくらいで、発芽後の管理は手探り状態です。
    プルケラとマリナエ、期待してます。大きくしてくださいね。

  2. sae | URL | -

    queiitiさん、
    私も同じで発芽後の管理が難しくて、なかなかうまくいきません。
    なにかきっかけでもあれば出来ると言うようなそんな簡単にもいかない気もします。
    色々な品種がありますし、自生地もそれぞれですものね!
    ただ発芽したその環境はそれの品種には合っていたのかもしれないとは思っています。

  3. キム | URL | FyOhHGvk

    ウチワサボテンの実生

    初めまして今年初めて宝剣サボテンの種まき行いました。私は河砂に被土せず発芽にに成功しています。水はびたびたに与えています。皿でもいいですがそこの水をためて種をまいた鉢を下から吸わせています。この方法でも上手くいきますよ。あと米ぬかぼかし肥料も自作しています。植物好きな男性でアロエベラ、ウチワサボテンノパール、多肉や食虫のハエトリも育てています。この秋からオキザリスも育てます。

  4. sae | URL | -

    キムさん、はじめまして。コメント有難うございます。

    ウチワサボテンの実生をされている方からのお話は大変参考になります。
    河砂で土をかけないで表土に置いて腰水で発芽ですね!
    河砂は発芽後の根の潜りもいいのでしょうか?
    次に試してみようかと思います。

    米ぬかぼかし肥料はうまくできますか?
    私は広葉樹の落ち葉や庭の草を穴を掘って埋めてそれに少し米ぬかを蒔いて軽く庭土を被せてを繰り返してそして一年ほどそのままにしておくとだいたい荒目ですが腐葉土が出来ています。楽してます(笑)

    この次は秋の園芸シーズンがきますね。
    キムさんのオキザリスが上手くいきますように応援します!
    またぜひ経過をお知らせください。お待ちしています。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/706-7dce2b4b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。