アダンソニア・フォニー Adansonia fony - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アダンソニア・フォニー Adansonia fony

2012年08月27日 11:02

バオバブの盆栽に挑戦中ですが、アダンソニア・ディギタータAdansonia digitataは今年も萌芽してくれたのは良いのですが茎がなかなか太りません。
今こんな感じです。


IMG_5089.jpg
Adansonia digitata アダンソニア・ディギタータ

盆栽風に育てたいと思って自己流ですが根切りをして剪定するのが次の年では早すぎたような気がします。
もうしかたありませんからこれは何年かかるかわかりませんがゆっくりでも太ってくれるのを狙ってみます。




実は昨年アダンソニア・フォニーという種類を蒔いたのですがこれも新たに盆栽風に挑戦中です。

Adansonia fonyは幾つかあるアダンソニアの中でもどちらかと言うと小ぶりな(それでも高さは4~5メートルあります ディギタータは20メートルにもなります)品種で、その茎はとっくり状に肥大するものです。ディギタータが男性的な感じなら、こちらのフォニーは女性的と言ったらいいでしょうかふくよかな美しい流線、そんな印象を相手は木ですが受けます。

Adansonia fony・・・・こんなバオバブ



IMG_5096_20120827104934.jpg
Adansonia fony アダンソニア・フォニー

IMG_5099.jpg


バオバブは私は発芽させるのが下手なのですが、発芽さえすればわりと育てやすい植物だと思います。
それは冬に落葉する植物だからかもしれません。この二種はアフリカとかマダガスカル西~南部自生の植物ですがその中でもある程度の耐寒性も持ち合わせているような気がします。
冬場は水を切って明るい日が差す加温なしの室内に置いてありました。
そしてこれからですがあと二ヶ月はまだ成長が期待できますので少しでも太く、また冬に向けて株の充実も出来ればと思っています。

*バオバブのこれまでの記事は記事下の Tag Listバオバブ から見ていただくのがわかりやすいかと思います。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. queiiti | URL | CHOVQKFM

    最近読んだ本に、マダガスカルではメキシコ原産のサイザル麻(アガベの1種)のプランテーションを広げるために亜竜木やバオバブが被害を受けているとありました。
    それらの若木は現地では見つからないそうです。

  2. sae | URL | -

    queiitiさん、バオバブはかなり丈夫だと思いますがこの後も大事に育てたいと思います。
    それからこれまで頂いたサボテンの種子からの苗ですが残っているものはそう数はありません。
    フライレアも昨年の寒さで駄目にしてしまいました。ほんとにすみません。
    今育っているものは大事にしますね。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/712-34a1231d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。