二つのAustrocactus - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つのAustrocactus

2012年08月31日 09:41

AUSTROCACTUS patagonicusとAUSTROCACTUS duseniを播種したのは今年の春5月の初旬ことです。



そして播種から約4ヶ月近くたって先日Austrocactus patagonicusが二本発芽しました。


IMG_5108.jpg

IMG_5106.jpg
Austrocactus patagonicus


Austrocactus patagonicusは南アルゼンチンとチリ南部が原産です。
Austrocactus patagonicusは-12,2℃までの温度に耐えることができます。


と検索しましたら記述されていましたが幼苗はそれでも零下にならないところに置いてみるつもりです。
昨年は秋にAustrocactus spiniflorusが発芽しまして、冬場はそのような置き場に置いたからです。



そして昨年秋に発芽した方のAustrocactus spiniflorusですがこのままでいけばなんとか夏越しできそうです。


これは植え替え前に撮ったものですが見ていただくとわかりますが根際が細く線の弱い感じの苗でした。


今年の春の様子。
012345a_285_6.jpg



次がポットの中から試しに4本選んで植え替えてから3ヶ月経った今の姿です。

今の様子です。播種からもう直ぐ一年です。
IMG_5111_20120831091502.jpg


IMG_5117_20120831091501.jpg
Austrocactus spiniflorus 


実はある方に実生からの栽培のアドバイスを頂いて思い切ってこの春に植え替えしたのです。
少しは精悍さが出てきたと思いますが、新刺は見えません。夏は維持するだけで良しとしなければいけないようです。でもこれからはこのサボテンは成長期になると思いますので今から期待しています。


Austrocactus patagonicusの自生地ですが、これもその方に教えて頂いたのですが「アルゼンチン業者の情報では”冬は氷点下15℃迄で多湿、夏は暑く梅雨がありません”」という貴重な情報を教えていただいて、雨がかからない風通しの良いウチワサボテンの実生達と同じ場所に置いてこの夏を過ごさせました。

patagonicusもこれからどうなるのかはわかりませんが、spiniflorusの経験を生かして日本の環境にも順応してくれれば意外と上手くいくかな?とそんな気持ちにもなったりしています。
でもなんとか維持できてもこれから成長させるのはほんとに難しそうです。

二種とも変化が出てきましたらこれからも投稿してみたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. roka79 | URL | MsOcG2xE

    Austrocactus patagonicusの画像を見てみましたが、刺がいかつくてかっこいいですね!名前からしてパタゴニアに生えているんでしょうか。それにしてもsaeさんの実生セレクトがマニアックでビックリします。
    Austrocactus spiniflorusも見てみましたが、これもかっこいい。寒さに強い分、蒸し暑さには弱いんでしょうが、自分の環境で実生したものなら適応してくれるといいですね。

  2. queiiti | URL | CHOVQKFM

    アウストロカクタスは昨年、実生に挑戦しましたが、あえなく討ち死にしました。

  3. sae | URL | -

    rokaさん、
    Austrocactusが大きく育ってくれると良いのですが、難しそうです。
    蒸し暑さには弱いかもしれません。対策で少し遮光はしましたが風通しの良い所で過ごさせました。ほかに思いつかなかったのです。
    実生なら環境に慣れるかもしれませんよね。
    それにしてもpatagonicusの発芽苗の地模様にはびっくりしました。
    やっぱり何かちょっと他のと違うな!そんな感じです。

  4. sae | URL | -

    queiitiさん、
    これも忘れた頃発芽しました。
    種は腐っていなければ発芽の可能性はありますよね。
    昨年春に蒔いたトーメアはその年にも発芽しましたが苗は駄目になりました。
    残りのトレーから一年以上経ってまた一本ですが発芽しています。
    ウチワサボテン以外でも何回か乾かしても発芽するものなんですね!
    なので二年ぐらいはとっておくことにしました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/713-ccf3267e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。