春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告その2・・サボ肥ゆる秋 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告その2・・サボ肥ゆる秋

2012年09月29日 10:09

ようやく秋らしいすごし易い陽気になってきましたが、この時期恒例の台風が近づいているようでそれは気がもめる所です。
昨日など天気の良い日にはまだ気温も30度近くまで上がっていますが、朝は20度を切るほどになっています。
この気温差の大きいのがサボテンの生育には良いそうなんです。
短い秋ですが、家の実生のウチワサボテンもこの後順調に成長して欲しいと思います。


それで今日は夏越し前に「春蒔きウチワサボテンの実生中間経過報告その1」として投稿しましたがその時に秋にまた経過を記事にして投稿しますのでご覧下さいと言いました。お約束どおり、でもどのくらいの方が覚えていてくださるか分かりませんが今日は「その2・・サボ肥ゆる秋」(笑)と題して出してみたいと思います。



このウチワサボの置き場ですが、南向きの二階のポリカ波板を張ってある屋根のある所に置いてありました。
直射日光は季節で角度を変えますが、当らないように置いてあります。
風通しの良い明るい感じです。



いつものように画像が主になりますが左が夏越し前、右が今の様子です。*画像は大きくなります。



IMG_4759.jpgIMG_5346_20120927042800.jpg
Opuntia pilifera  FO-144 pink flowers, hairy pads

これは大型になるウチワサボテンです。
苗も随分大きくなっているように見えますが、双葉を見ていただくと分かりますがまだ萎れていなくて、ぴんぴんしています。
大きく見えてももともとが大型ウチワですからそれを思うと育ち始めたばかりと言う事が分かります。
蒔いてからなんですが、先が思いやられる育ちっぷりです(笑)




IMG_4756_20120801124321.jpgIMG_5381_20120927042417.jpg
Opuntia erinacea SB1422 nw Mohave Co, Az, hairlike sp

これはどちらかと言うと細い感じの長刺が出てきました。この後どんな感じになっていくのか楽しみです。





IMG_4773_20120802102325.jpgIMG_4798.jpg
IMG_5359_20120927042632.jpg
Opuntia pulchella  RP128 Snake Valley, UT/NV, large club joints

双葉の先が萎びてしまい心配しましたが、なんとか育っています。
それにしても成長がゆっくりです。不完全な双葉でしたので余計に遅いのかもしれません。




IMG_4808.jpgIMG_5351_20120927042801.jpg
Maihueniopsis minuta ´mandragora´

ぽつぽつと発芽し、現在2株あります。
固体は小さな可愛いもので、柔らかい刺が綺麗に出ています。





IMG_4619.jpgIMG_4746.jpg
IMG_4747.jpg
Miqueliopuntia miquelii KP 799

発芽は良い方でした。ただこれも双葉に殻がかんでなかなか取れないでいました。
これは直射日光にうっかり当てて駄目にしてしまいました。悔やみきれません。





IMG_4795.jpgIMG_5371_20120927042414.jpg
Miqueliopuntia miquelii JN 355

上の産地違いですが、一粒発芽しました。
生き延びているのが不思議なくらいの姿です。多分これは駄目でしょう。




IMG_4783.jpgIMG_5368.jpg
Marenopuntia marenae
 
発芽が二度あったものですから育ちに差が出ています。
このくらい重なると私の悪い癖で直ぐに植え替えしたくなるのですが冬になりますしこのまま春まで待ってみます。





IMG_4766.jpgIMG_5354_20120927042631.jpg
Opuntia viridiflora  SB957 /18/ Santa Fe, NM, orange fl., RARE!

発芽は遅かったのですがその後気がつけば6本出ています。
綺麗な花色のようでとても楽しみです。
育てば耐寒性も高く育てやすいのではと期待しています。





IMG_4763_20120801124320.jpgIMG_5380_20120927042416.jpg
Opuntia whipplei  SB1813 /18/ La Boca, Col, low clumper

一粒ですが順調に育っています。
小型?のようですが、それにしては成長が早いと思います。
  


ここからは経過報告その後1の投稿の後に新たに発芽したものになります。



IMG_5364_20120927042634.jpg
Opuntia orbiculata 17/ Seymour, TX, bushy, 5 ft tall,round pads
育ちはばらばらですが5本発芽しました。長い白毛がそのうちに現れてくると思いますがそれまで育ってくれるでしょうか。




IMG_5375.jpg
Austrocylindropuntia miquelii JN355 La Serena, light blue stems, long spines
これは上のMiqueliopuntia miqueliiと同じ品種だと思いますが、種子の購入先が違います。
Miqueliopuntia miqueliiを駄目にしてしまいましたので、これに期待していますが見てのとおり双葉が一枚欠けています。それでも少しずつですが刺が見え始めてきました。こうなるともう、祈るようなそんな気持ちです!(笑)


以上ですが、この次の投稿は来春を予定しています。
結果はどうであろうと事実を見ていただいて、これから蒔く方に少しでも参考にして頂けたらいいと思いますので正直な所を出してみたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Shabomaniac! | URL | qFwsiyjI

    ウチワサボの子どもたち、元気に育ってますね。2年目、3年目くらいから成長速度がぐんとアップして大きくなっていきます。pulchellaとかmandragoraとか、芋が出来るものは別ですが、いわゆるしゃもじ型の種類は、大きめの鉢に植えてやると成長早いです。どれも花が綺麗だから、早く見たいですよね。

  2. sae | URL | -

    Shabomaniac!さん、2・3年ですか!冬越し後の成長が楽しみですが、大きくなる物は育った時には裏庭の単刺団扇の横に植えたいと思います。
    塊根が出来る物はどれも成長が遅い感じでしょうか。腐らせないようにしないと駄目ですね。
    それから花ですがウチワサボテンの花は特に綺麗だと思います。
    花弁が波打つような感じで、透けるようなそんな感じのものが多いですね。
    本体と花容とのギャップがたまりません(笑)

  3. queiiti | URL | CHOVQKFM

    台風は大丈夫でしたか。
    うちはたいしたことはありませんでした。

    素晴らしい団扇の数々、将来が楽しみですね。
    大型の団扇も実生されてたんですね。
    曰く「saeチャンも大型団扇サボを実生してしまうんだゼーエ。ワイルドだろ。」ですね。

    ちなみに私はマイルドです。

  4. sae | URL | -

    queiitiさん、おかげさまで今回はたいした風も吹かず大丈夫でした。
    万全の備えをして待っていたんです(笑) 肩透かしでしたが、実はほっとしています。
    queiitiさんの所もひどくなかったのはほんとに良かったですね。
    わりと通り道ですよね!うちのほうもそうです。

    私はその辺の?男の方より、よほど性格は男っぽいらしいです(笑)
    それからqueiitiさんの自称マイルドとの事ですが、これについてのコメントはひかえさせて頂きます!(笑)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/721-4845b318
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。