2012・秋の球根類の種蒔き - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012・秋の球根類の種蒔き

2012年11月11日 10:44

今年に入って直ぐに南アから種を取り寄せていただいて、この秋を待って次のものを蒔いてみました。


播種日 2012.10.27 
IMG_5706.jpg


Dipcadi brevifolium
Lapeirousia oreogena
Lapeirousia plicata
Lapeirousia pyramidalis ssp regalis
Massonia depressa
Massonia jasminiflora・・・これだけは春に先に蒔いてあります。
Massonia echinata
Massonia pygmaea ssp kamiesbergensis
Daubenya aurea - yellow form

播種から二週間が経ちましたがすでに発芽しているものは、Dipcadi brevifolium、Massonia depressa、そして発芽はまだ一本ですがMassonia echinataがあります。
全て同じ時に蒔きましたので、Massoniaがわりと早く発芽してきてこれが意外でした。


IMG_5717_20121111093247.jpg
Dipcadi brevifolium
情報の少ないユリ科の植物です。
殻が取れないのに二枚目の葉が出てきています。



IMG_5713.jpg
Massonia depressa
あちらこちらで、気配があります。



あと普通Massoniaは秋蒔きだと思いますが、次のjasminifloraは春に蒔いた鉢です。これは他所様のブログでMassoniaのなかでこれだけは春蒔きが良いと聞きまして(勘違いではないと思いますが)、試しに蒔いたものです。でも発芽の気配は無くポットは春以降そのままにしておいたのです。
そして秋早くにもう一度ポットの土を湿らせてみたところこれが一番で発芽してきたのです。


IMG_5710.jpg
Massonia jasminiflora
一本だけ気がつくのが遅くて、徒長しています。


次は昨年と一昨年の蒔いたラケナリアは小さな球根が出来ているものですが、ここに来て萌芽してきた鉢があります。



IMG_5702_20121110155245.jpg


IMG_5696_20121110155207.jpg
Lachenalia viridiflora 


IMG_5700.jpg
Lachenalia congesta


気がつけば、もう萌芽していまして植え替えることが出来ませんでした。
来年は早く植え替えをしてみようと思います。
そろそろ各ポット上げしてもよさそうな気がします。
左はしのLachenalia hirtaだけまだ出ていませんので、鉢をあけてみました。

IMG_5723_20121111093248.jpg
Lachenalia hirtaの球根
これは発芽も少なかったものですが、なんとか二本残っていました。
このあと、肥料分のある新しい用土で植え替えてみました。






ラケナリアは早かったのですが、もっと早いのがアルブカのこれでした。
これは大きくなるようですので、10号のスリット鉢に植えてあります。
地植えでは1メートルは優に超す大きさになるようですが、鉢植えではそこまでにはならないと思っていますが、どうでしょうか。

IMG_5718.jpg
Albuca maxima アルブカ マキシマ 




最後は少し前にも見ていただきましたが原種シクラメンです。
9月はじめに蒔いたCyclamen hederifoliumシクラメン・ヘデリフォリウムは発根はしましたがまだ葉までいっていません。


播種から7週過ぎた頃の10月中旬の様子
IMG_5636.jpgIMG_5630.jpg

今日の様子です。
IMG_5725_20121111102500.jpgIMG_5732.jpg





播種からもう直ぐ10週になります。
種子はまず一本の細い根を出し土に潜り込ませました。
暫くすると種子側の端が少しずつ膨らんできます。これが球根に成るところですね。
それにしたがって蒔いた種子は少しずつ球根に養分を取られるのでしょうか萎びていくのが分かります。
発根を確認したのが7週過ぎた頃ですからそれから2週間以上たって大分種子も萎びていますがまだ完全に発芽まで行っていません。
覆土すればこの殻も土の中で取れてすでに葉の展開ももっと早く済んでいたかもしれません。
でも、球根の出来る様子が良く分かってとても面白い観察が出来たと思います。
だいたい出揃ったようですのでこの後柔らかい土で軽く覆土しておきました。

ヘデリフォリウムは秋咲きです。先に咲いた花はもうくるくると茎を巻きはじめてきて種を作る準備に入っています。
次に咲くシクラメンもありますがまだ咲いていません。

IMG_5720_20121111093247.jpg


また咲きましたときに出してみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. roka79 | URL | MsOcG2xE

    Dipcadi brevifoliumというのは聞いたこともありませんでした。ググってみましたがとても綺麗なお花ですね。Daubenya aureaの実生をしているとは。
    私は今年の秋はシゾバシスだけです。昨年蒔きのフェラリア・クリスパは無事に幾つか発芽してきて一安心しています。

  2. sae | URL | -

    rokaさん、こんんばんは。
    brevifoliumはちょっと薬草ぽい感じで、花も目立たないけどそこがいいかな!と、天邪鬼な私はそう思いました。
    調べると個体差かどうか分かりませんが、
    South African bulb. Grows to 20-40cm high. Straight/coiled leaves, brown/green/cream flowers in Spring. Sow Autumn. Zone 8.
    葉もストレートからコイル状まで色々らしいです。
    Daubenyaは二種類今まで蒔いてあります。でも球根はまだ小さすぎて昨年などは鉢を開けるのが出来ませんでした。
    今年はそれでも鉢は同じ物ですが新しい土で植え替えすることができました。
    フェラリア・クリスパですが、もしかしたら駄目かもしれません。まだ出てきていないのです。駄目だったらごめんなさい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/731-19644cf8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。