森林性サボテンをヘゴ板と火山石に蒔いてみた - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森林性サボテンをヘゴ板と火山石に蒔いてみた

2012年11月26日 17:40

この秋に森林性サボテンを幾つか蒔いたのですが、その残りの種を今度は土にではなくて直接へゴ板と火山石に試しに蒔いてみました。

森林性サボテンの種子は発芽が悪いことを想定して、少し多めに購入してあったのです。
種蒔き専用土に二度も蒔いても面白みがないので少し楽しんでみようかとも思いました。



まずヘゴ板に蒔いたものですが、ディソカクタスの三種類とリプサリスの発芽しなかったRhipsalis russelliiをこのやりかたなら発芽するかもと淡い期待をして蒔いてみました。



左端がRhipsalis russelliiですがやはり発芽していません。他の三種類のディソカクタスは発芽しています。
播種日 2012.10.22
IMG_5840.jpg


IMG_5852.jpg
これはDisocactus aurantiacus,Nicaragua ですが、一番気難しい感じがして発芽後もカビが出やすい気がします。
それでもカビに負けない強いものだけが残っています。


播種の仕方ですがヘゴ板を熱湯消毒しまして、蓋つきの深めのタッパーに腰水殺菌剤を薄めで入れて蒔いてあります。
期待したのにやはり発芽しなかったRhipsalis russelliiですが家ではこのリプサリス全般に発芽率が良くないのです。
まだ種子は残っていますので春にもう一度蒔いてみようと思っています。
もしかしたらリプサリスは追熟させるのがいいのでは?と、そんな気もしています。



次は火山石がありましたのでこれも熱湯消毒しまして、同じように深めのタッパーに腰水殺菌剤を薄めで入れて蒔いてみました。



IMG_5880.jpg


IMG_5829.jpg
これはLepismium miyagawae v. espinosaeですが元気そうに育っています。


IMG_5836.jpg
こちらはACANTHORHIPSALIS monacantha - v samaipatanaですがちょっと発芽もわるく、その後の育ちも遅い感じです。
白く見える糸状のものがあちらこちらと走っています。
これはカビと毛細根が入り混じっています。悪条件でも一生懸命生きようとしているのかもしれません。


この様子から、ヘゴ板に蒔いたディソカクタスはこれからも育って幾つかは残ってくれると思います。
次の楽しみは、本根がどのような感じで出てくるのか?またその根がヘゴにほんとに着生しするのか?とか。
この後も興味は尽きません。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/734-3622c21a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。