秋蒔き実生のその後の様子 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋蒔き実生のその後の様子

2012年12月13日 14:13

目新しく咲いてる花もないのでちょっと今年蒔いた多肉植物の様子を撮ってみました。


亀甲竜 10月中旬蒔き
IMG_5929.jpg
Dioscorea elephantipes と Dioscorea rupicola

以前にも蒔いたことがあるのですが、今回の種子はとても発芽が良かったです。
ただ右側のrupicolaはelephantipesより発芽に時間が掛かって乾きぎみになってしまい悪くなってしまった気がします。やはり別の鉢で蒔いたほうがよかったようです。


IMG_5930.jpg
Dioscorea elephantipes

elephantipesはころころとした芋が見えていました。
覆土して蒔いてありますが、水遣りで土が動いてしまったようです。
液肥は時々しているのですがこれなら移植して肥料分のもっと多い土に植え替えても良いかもしれません。



次はメセンのPhyllobolusフィロボルスからです。

IMG_5931_20121213121133.jpg

IMG_5935_20121213121133.jpg
Phyllobolus oculatus

一袋から沢山の苗が出来ました。
今まで蒔いたPhyllobolusの中では一番の成績の良さです。
少し匍匐する感じのPhyllobolusらしいですが葉のつぶつぶが綺麗です。




IMG_5957.jpg
Dracaena Draco ドラセナ ドラコ 

これは秋に蒔いたものではなくて春蒔きのドラコですが、3本育っています。
大きくなったら困るなぁ~との心配は今のところ無用のようです。
葉の淵が赤く色付いて綺麗な品種です。
Dracaena Dracoも産地でタイプも色々で、わりと早い時期に枝分かれして見栄えのよい感じになるものもあるようです。


今日はベランダからちょっと目についたものを出してみました。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/738-a89f0073
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。