実生アロエ・・二度目の夏越し - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実生アロエ・・二度目の夏越し

2013年09月12日 12:45

私はアロエを種子から育てるのが楽しみのひとつになっています。
今日は昨年春に蒔いたアロエですが大分駄目にしてしまいましたが、残っているものを出してみます。

アロエは自生地やその姿を画像検索で見るのも楽しみです。マダカスカル、ソマリエアロエなどは特に興味を持ちました。

自分が育てているものが育ちがよいかどうか?これははっきり言って分かりません。
多分よくないと思います。
だだ身近でこれを育てている人との交流がないので比べることも出来ないので、焦ることが少ないのが救いです(笑)


播種日 2012.03.25
播種方法 低温管理から始めた マダカスカル、ソマリエアロエは25度超えた頃から発芽
夏越し方法 ベランダの明るい日陰
冬越し方法 室内窓際ビニールハウス 無加温(最低温度5度前後)





IMG_6644.jpg
Aloe orientalis
自生地 マダカスカル東部




IMG_6653.jpg
Aloe bosseri
自生地 マダカスカル西部



IMG_6645_20130911132732328.jpg
Aloe ericetorum
マダカスカル中央北部




IMG_6641.jpg
Aloe megalacantha
自生地 エチオピア ソマリア




IMG_6638.jpg
Aloe labworana
自生地 ウガンダ北部、スーダン南部





ここからは別会社の種子です。


IMG_6650.jpg
Aloe dhufarensis
自生地 オマーン、​​アラビア半島 




IMG_6640.jpg
Aloe eclonis
自生地 南アフリカ




IMG_6646_201309111327301e6.jpg
Aloe cooperi
自生地 南アフリカ




IMG_6632.jpg
Aloe suprafoliata
自生地 南アフリカ北部




IMG_6659.jpg
Aloe polyphylla
自生地 南アフリカ



播種日 2013.08.21
IMG_6647.jpg
Aloe comosa
Aloe dhufarensis
Aloe suprafoliata
Aloe tomentosa


半分残して蒔き忘れていた種子を一年半経って先日蒔いてみました。
comosaは昨年春は発芽しませんでしたが今回は一本発芽しました。
ですが、気がつけば萎縮して黒くなって駄目になっていました。これは難しいです。でももう少し待ってみます。
アロエの種子はこれで分かるように二年くらいは発芽率は落ちるかもしれませんが、発芽するようです。
dhufarensisなどは今回の方が良いくらいです。


簡単に見ていただきましたが、アロエは夏に強いような気がしますが、その多くは日本の湿度が高い夏はやはり苦手のようです。
幼苗の夏越しは難しいものも多く、できるだけ風通しの良い涼しい半日陰の場所に置くのが無難な気がします。







関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Shabomaniac! | URL | -

    アロエ・ポリフィラ、よく厳しい夏を乗り切りましたね。暑さに弱そうな草アロエも元気ですね。うちでもポリフィラは相当ヘタレた状態で秋到来を待っています。アロエはサボテンと違って、多少傷んでも挽回がきくのがよいところ。大きく育ちすぎるので場所をとりますが・・・。

  2. sae | URL | -

    こんばんは。
    お返事遅くて申し訳ありません。
    ポリフィラですが、なんとか生きています。この後の成長を楽しみにしています。
    アロエも大きくなったら耐寒性のありそうなものは随時地植えにチャレンジしようかと思います。
    また春に様子を出してみますので見てください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/755-aa8838df
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。