実生球根植物 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実生球根植物

2013年11月13日 21:39

前記事の流れから今日は家の実生球根植物の様子を見ていただきたいと思います。
球根は播種から一番長く栽培しているもはこの秋丸三年経ちましたがまだ開花サイズになっていないものがほとんどです。
それでも少しずつ大きくなってきているようです。
熱心に栽培される方でしたらもっと成長が早いと思います。
今回は植え替えの時に球根の様子を撮ってあるものは出してみました。


二階のベランダにある球根類の今の様子です。
温暖化で栽培が難しくなってきたセンペルですがその空き鉢にこれが今ではとって変わろうとしています。

IMG_6938_2013111310215627e.jpg

こんなにどうするんだって? 親株になっても売るつもりはありません(笑)
20万アクセス記念にプレゼントする予定でいます。
それまで、元気にぼちぼちでもブログは続けますのでよろしくお願いします!



さて一番古くに蒔いたものがこれです。

 ラケナリア Lachenalia  ヒヤシンス科 ラケナリア属



播種日 2010年10月07日
IMG_6735_20131113075713934.jpg

先日これをポット上げしました。

IMG_6931.jpg
Lachenalia congesta ラケナリア コンゲスタ

ほったらかしなもので、播種から丸三年経とうとしていますが未だに一枚葉です。
この品種はこの葉の色がとても気に入っています。
コンゲスタは二枚の葉を地面すれすれに広げて、白からクリーム色のぎっしり密に付いた花穂を立ち上げて咲きます。



播種日 2010年10月07日
IMG_6823_201311130900567ee.jpg

IMG_6959_201311131022003cb.jpg
Lachenalia hirta ラケナリア ヒルタ

ヒルタは野生種の趣を強く感じられる品種だと思います。
固体差があるかもしれませんが、検索で見る画像ではこの縞模様が葉先の方まであるものもありとても個性的です。


播種日 2010年10月07日
Lachenalia trichophylla ラケナリア トリコフィラ 
これこそ残ってほしかった品種ですがだめになってしまったようです。



播種日 2010年10月07日
IMG_6950_20131113213323190.jpg
Lachenalia viridiflora ラケナリア ヴィリディフローラ

有名種ですね。強健な品種だと思います。これは未熟な花穂でしたが昨年咲いてくれました。
播種から丸二年での開花でした。



播種日 2011年秋
IMG_6832.jpg

IMG_6958.jpg


IMG_6937.jpg
Lachenalia pusilla ラケナリア プシラ

頂物の種でした。
成長も早く強健種だと思います。
小型種ですね。とても可愛らしく咲くようで開花を楽しみにしています。




次はマッソニアに良く似たこれです。


 ダウベニア Daubenya  ヒヤシンス科 ダウベニア属 

播種日 2010・11
IMG_6857.jpg

IMG_6861.jpg

IMG_6956.jpg
Daubenya marginata

初めて検索でこれを見たときからどうしても蒔いてみたいと思った品種です。
マルギナータは育てやすいと思います。
ですが今期の開花はまだ期待できません。
球根が2センチ近くにならないと開花しないようなのです。
上の画像の球根はまだ大きいものでも1センチにもなっていません。



播種日 2010・11
IMG_6855_20131113084712b0c.jpg
Daubenya aurea red form

これは花色が赤いものです。
マルギナータとちがって、とても気難しいと思いました。
発芽も時間が掛かりました。
今一本しか残っていません。
もしかしたらですが、マルギナータより耐寒性が低いのかもしれないと、推測ですが思っています。




播種日 2012・11
IMG_6964.jpg
Daubenya aurea yellow form 

上のaurea redの色違いで黄色の花が咲きます。
これは昨年蒔いたもので、まだねぎ葉をしています。
でも、一本だけ飛び苗があるようで、幅広のものが見えます。
来年は植え替えしようと思います。
 


最後はアヤメ科です。



 ラペイロージア Lapeirousia アヤメ科 ラペイロージア属



播種日 2012・11
IMG_6961_201311131022227d5.jpg
Lapeirousia plicata

アヤメ科の中でも小型の品種なのですが、これは水色の花色がとても清楚な感じで素敵です。
まだ一年経ったところですが何株か残ってくれることを期待しています。




播種日 2012・11
IMG_6962.jpg
Lapeirousia pyramidalis ssp regalis

こちらはピラミダリス・レガリスですがのラベンダー色の濃淡が綺麗な品種です。
葉の伸ばし方も積み重なるような面白い感じです。

ラペイロージアは一年目は小さな球根だそうで植え替えを躊躇しています。
ただピラミダリス・レガリスの方は育ちがいいのでこの後植え替えるかもしれません。
根もかなり長く伸びるようなので、この時期を逃したくない気持ちもあります。


簡単にですが南アフリカ原産の小球根植物3種属を見ていただきました。
次の投稿では、同じ球根植物のマッソニア他残りの品種を予定しています。




 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. takoyashiki | URL | Qv4zPFBY

    お久しぶりです♪

    たくさんの様々な品種の実生素晴らしいです。私は蒔くまでは良いのですがみなナメクジ被害に全滅ばかりないい加減な数年です。saeさんを届かぬ目標に来春から地道に真剣に実生取り組みたいと気持は思っています。実生は2階のベランダが・・・ナメクジ来ないかも~・・・

    その他の実生いろいろ苗の成長楽しみに拝見いたします♪

  2. sae | URL | -

    たこさん、こんばんは!

    お久しぶりです。
    私も身近で色々珍しい植物を実際にこの眼で見られる環境に居たのなら、
    こんなに実生に嵌ってはいなかったと思います。
    今ではどんなに田舎に住んでいてもネットで種子を購入できますから。
    まだ一度も見たことも無い植物をせっせと蒔いたのが三年前からです。
    たこさんが蒔いたら直ぐに追いつかれてしまいます(笑)

    二階のベランダではナメクジは見ません。
    鉢を階下から持ってくる時などに気をつければそう被害は無くて良い環境です。
    来春と言わずに早速蒔いてはどうでしょうか!
    暖かい部屋なら窓辺で透明に近いプラの密閉容器に入れて腰水で一ヶ月位で球根なら発芽します。
    これからの成果を楽しみにしています♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/759-a2476d90
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。