実生球根植物 その2 - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実生球根植物 その2

2013年11月22日 11:06

前回に続いて現在育てている実生球根植物のご紹介です。

今回はこれから・・



 ベルセミア  Veltheimia  ヒヤシンス科


IMG_7003.jpg
Veltheimia capensis 


これはベルセミアの中でも小型種で葉色は灰色がかった緑色。
あと葉の形状は起伏のあるリブを持っている魅力的な品種です。
花色はぼかしの入ったピンク色。

植え替えでの球根の様子を撮ってみました。

IMG_7000.jpg






マッソニア Massonia ヒヤシンス科

播種したものは次の4種
播種日 2012・10
Massonia depressa
Massonia jasminiflora
Massonia echinata
Massonia pygmaea ssp kamiesbergensis

皆様の期待を裏切るかもしれませんがマッソニアもまだ小さな球根です。
私の栽培しているものはまだ小さな物ばかりなのです。

昨年秋に蒔いたものは次の4品種ありましたが植え替えできるほどの大きさになっているものはこれです。

播種日 2012・10
植え替え日 2013・10・25
IMG_6838.jpg

IMG_6841_201311211937163c7.jpg

IMG_6843.jpg

IMG_6846_20131121194046ac3.jpg
Massonia depressa

これが一ヶ月経って少し成長したように見えます。
マッソニアの中では大型なので、それなりに成長も早くて育てやすいのかもしれません。

IMG_7001.jpg




IMG_6987.jpg
Massonia jasminiflora

植え替えてみました。球根はまだほんとに小さなものですが葉が出始めたものも入れて4本ありました。
IMG_6988_20131122103244157.jpg



エキナーナタは1本しかまだ出ていません。
IMG_6992.jpg
Massonia echinata


kamiesbergensisは楽しみにしていたのですが2本です。
IMG_6991.jpg
Massonia pygmaea ssp kamiesbergensis




次はアルブカからです。
ただアルブカでもこれはちょっと大きくてなじみの少ないものです。
蒔いたのは三年前の秋です。


 アルブカ Albuca ヒヤシンス科


播種日 2010・10
播種から11日経った様子です。 
IMG_8833.jpg

IMG_6900_20131121193718cb9.jpg
Albuca maxima アルブカ マキシマ          


アルブカ マキシマはAlbucaの中でも最大の大型種で、1メートル以上優にこす大きさになるそうです。
それが現在こんな感じに育っています。
開花まで、あと少しかもしれません。




最後になじみの少ない球根ですがこれを、


 Dipcadi ヒヤシンス科


播種日 2012・10
発芽して間もないころの様子。殻が取れてません。
IMG_5717_20121111093247.jpg


植え替え日 2013・11・21
IMG_6977.jpg

IMG_6978_201311211937140f9.jpg
Dipcadi brevifolium

南アの種子会社の説明書きではこう記載されていました。

South African bulb. Grows to 20-40cm high. Straight/coiled leaves, brown/green/cream flowers in Spring. Sow Autumn. Zone 8.
(南アフリカの球根。 20〜40センチメートル高に成長。ストレート/コイル状の葉、ブラウン/グリーン/春にクリームの花。秋に種をまく。ゾーン8)

想像していた球根とは少し違ってトックリ型で、かなり大きくなっていました。
これから変化していくと思われますが来年がまた楽しみです。


以上ですがどれだけ参考になるか分かりませんが、見ていただきました。
私は蒔いてほとんど手を入れず、ほったらかしなのでだんだん数が減っていきます。
夏場は水のかからない日陰で風通しの良いところに置いてあります。
球根は三年は辛抱よくまっていると、それでも葉姿が出来上がってくるようです。
こんな私の所でも早いものでは咲き始めてくるのもあります。
皆さんも手の掛からない球根類を種から育ててみませんか!
花がなくても成長が楽しものです。冬場の楽しみがひとつ増えると思います。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. roka79 | URL | -

    お久しぶりです。
    Veltheimia capensis、以前実生してみた事がありましたがダメにしてしまいました。幼苗の頃は葉が細くてウェーブしてないんですよね。
    Albuca maxima、一メートルにもなるんですか!画像検索してみましたが確かに球根がデカいですね。
    Dipcadi brevifoliumってのは知りませんでした。面白いですね。花も綺麗だし葉っぱクルクルしてるし。
    私は秋に調子が悪くて、今年は冬型球根の実生はしませんでした。一昨年蒔き?のFerraia crispaは元気に葉を伸ばしていますが。ところで頂いたOxalis gigantea、ウチに来てからすぐに落葉しちゃってそのままの状態です。枝先を切ってみたら生きてはいるようなんですけれど。もし枯らしちゃったらごめんなさい・・・。

  2. sae | URL | -

    rokaさん、こんにちは。
    今回見ていただいた苗で私が一番気になるのがDipcadi brevifoliumです。
    なんとか花を見れるまでになることを期待しています。
    こちらに頂いた種子のDipcadi brevifoliumですが発芽したのですが、次の年に一本も出てきませんでした。すみません。
    何が悪かったのか?いまだによく分かりません。
    やっぱり環境で微妙に違うものがあって、その違いが大事な所だと思うようになりました。
    Oxalis giganteaも萌芽する時期も微妙に違って当然だし、駄目になることもあると思います。
    苗はまだありますから、もしだめになったらまた送りますからね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/760-27bb2fd5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。