メセンも色々♪ - 薔薇街道

最新の記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メセンも色々♪

2013年12月13日 20:52

師走入りここにきて急に冬らしくなってきました。
それでも天気の良い日はベランダでダックス二頭を遊ばせながらのんびり植物を眺めたりします。
今日は私の蒔いたもので今残っているメセン達を出してみます。
これは一番古いものは三年前の秋に蒔いたものです。
ですから今日出てくる苗は発芽から二・三年物ということになります。


ではまずオフタルモフィルムとコノフィツムをひとつずつ。
これは蒔いて二年経ちますが植え替えもしないからか?肥料が足りないのか?管理が悪くてまだこんな大きさです。
来春には植え替えしてみようと思っています。



IMG_7108_20131213104207b4f.jpg
Ophthalmophyllum herrei SH639 Breekpoort, TL! greenish grey windows, pink fl


IMG_7131_20131213111906518.jpg
Conophytum burgeri Aggeneys, MBB 3337 glass paperweight





次はフィロボルスから

左はテヌイフロルスですが、フィロボルスに良く似た花が咲くようです。
ただ、もう少し枝も細く、全体に繊細な感じを受けます。

右はフィロボルス・テヌイフロルスです。ようやく塊根が目立つまでになってきました。

IMG_7118.jpg
Sphalmanthus tenuiflorus  (stumpy caudex, super pink-green flower) 
Phyllobolus tenuiflorus


IMG_7124.jpg
これは上のスパルマンサス・テヌイフロルスが一株しかなくそれも心もとない苗なのでこの秋にまた蒔いてみました。
今元気そうに育っています。



IMG_7122.jpg
Phyllobolus prasinus
同じに蒔いたフィロボルスの中では一番成長が良いものです。開花を期待しています。



つぎはオクスラリア二種です。




IMG_7115.jpg
手前Oscularia cedarbergensis ?  奥Phyllobolus oculatus

Osculariaは手前に見えるOscularia cedarbergensis ?がそうですが、これは種子リストに初めから?つきでのっていたものです。
よく分からないものなので花をぜひ咲かせてみたいと大事にしています。

奥はフィロボルスのPhyllobolus oculatusですが一緒に写してしまいましたのでご紹介します。
花はもう昨年咲いていまして、期待していたものより小さい赤い花でした。
匍匐する感じに育つとなっていましたので、こうして吊り鉢でまとめて管理しています。
数が咲けば、にぎやかに少しは見られるのではと思っています。





IMG_7117.jpg
Oscularia deltoides
(Groundcover, pink stems, grey leaves, compact, attractive mauve fl, a little known but very elegant plant. Sow Au. Zone 8.)

これも綺麗な花が咲くはずです。実はまだ花を見ていないのです。
そんなものばかりです。




次は痛くはないとげとげが可愛いトリコディアディマです。



IMG_7121.jpg
Trichodiadema calvatum 右Trichodiadema densum紫晃星

どちらも塊根を作ります。
似ていると思っていましたが並べてみると違いが分かりますね。



つぎはメストクレマですが、これも塊根を作るメセンです。
根元にも見えますが種が飛んで、回りの鉢にもこの苗が出来ています。


IMG_7107_2013121310420539b.jpg
Mestoklema macrorrhizum (short thick trunk, white flowers)

沢山苗が出来るので、塊根のおもしろい形のものを選んでは遊んでいます。
IMG_7113.jpg



最後に今年の秋に蒔いた草物メセンの今日の様子です。
これは蒔いてから二ヶ月ちょっと経っていますが、種を購入したのは昨年の春です。
昨年秋に蒔きそこねて冷蔵庫の野菜室で保管してありました。この様子からメセンの種子も二年ほどなら発芽率はそう落ちないようです。

IMG_7125.jpg

Aridaria noctiflora SB1183 Smorenskadu, Springbok, brown skewers  
Delosperma aff lehmannii Humansdorp, thick clusters
Eberlanzia disarticulatus SB868 Ceres Karoo, mini bonsai woody trunk 
Eberlanzia sp Brandkop, tiny pink flowers, huge spines         
Hallianthus planus SB1399 Garies, modest creeper, rich pink fl
Hallianthus gracilis Vrolyk, angled dotted leaf, purple fl
Nananthus x /17/ NICE, large dark pink-purple flowers
Nananthus margaretiferus Ariamsvlei, Nam, super pink flowers
Sphalmanthus tenuiflorus red flowers, nice caudex 
Trichodiadema mirabile Laingsburg, dark brown bristles, white fl

これも一品種一株でもいいので残ってくれるように、それを目標にしてみたいと思います。


今日は花も咲いていないものばかりで寂しいかぎりですが記録として出してみました。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. roka79 | URL | -

    Phyllobolus prasinus、すごいですね。3年でここまで成長するの?って感じです。
    Oscularia cedarbergensisは確かに葉っぱの雰囲気も?ですね。
    花が咲いたらぜひ見せてください。
    メストクレマはもう雑草扱いになってしまってw;でも良いイモになってますね。
    Hallianthus planusは自生地の画像見ると痺れました…
    私も秋に蒔きたかった(´・ω・`)

  2. sae | URL | -

    rokaさん、こんばんは。
    Phyllobolusはどれも一株しか残っていなくて、なぜもっと大事にしなかったのかと悔やんでいます。
    そんな栽培でもPhyllobolus prasinusはかなりおおきくなって、これは強健なのだと思います。
    Oscularia cedarbergensisはほんとにこれはなんなのか?と興味を持っていますので咲かせてみたいと思います。
    どんな植物でもどこかに不思議な魅力も持っているはず!そんな気持ちでmacrorrhizumは育てています(笑)
    来春のメサリストで思う存分種を選んでください。
    多肉、メセン、サボといっぺんにでなくても楽しみに少しずつ蒔いたらいいと思います。

  3. Shabomaniac! | URL | qFwsiyjI

    草メセンいいですね。私も好きで色々蒔いていますが、結構寒さに弱いものもあったりして、マイナス6度ハウスでは越冬出来ない物も多々。オスクラリアも枯らしてしまったし、ミトロフィルムなども葉が溶けます。
    メセンの種は粉みたいに小さいものでも、結構寿命はあります。コノやリトでも、普通に5-6年はもつと思います。ディンテなどは取り蒔きでは発芽しにくいくらいです。

  4. sae | URL | -

    Shabomaniac!さん、こんばんは。
    メセンも耐寒性も色々なんですね~
    どれも凍らない程度のところに置く方が無難ですね。気をつけてみます。
    種の寿命ですが、かなりあるのには少しびっくりしました。
    サボテンの種を求める時にも気にして選んで集めるようにしてみます。
    ディンテの播種方法もヒントを頂いて有難うございます。
    次の機会に蒔いてみようと思います^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rosendorfsparieshoop.blog111.fc2.com/tb.php/762-1a64211a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。